【おすすめカードゲーム3選】自粛中のGWでも家族みんなでお家で遊ぼ☆〜その1〜

Maki
Maki

皆さんこんにちは!いつもご覧いただき、ありがとうございます☆

ツピコ
ツピコ

Makiちゃん!

せっかくのGWなのに、新型コロナウイルスの感染拡大でなかなか出かけられないよ…

Maki
Maki

そうだね😥なかなかお出かけするのも気が引けるよね…

そこで、今日は、自粛中でもお家の中で家族や友達と楽しめるカードゲームランキング形式でで3つ紹介するよ!

この記事を読んで欲しい人
  • せっかくのGWにお出かけできず、おうち時間の過ごし方に悩んでる人
  • 家族や友達と楽しく遊べるゲームを探している人
  • 子どもと、もっと関わる時間を増やしたいパパママ
  • 今あるゲームに飽きてしまい、新しいゲームを探してる人
この記事を読んで解決すること
  • おうち時間を楽しく過ごす方法を知ることができる
  • 小さな子供からお年寄りまで、みんなで楽しく遊べる
  • GWにお家にいても楽しく遊べる
  • ゲームを通して、家族の絆を深められる

今回カードゲームをおすすめしようと思った経緯

皆さんもご存知の通り、「新型コロナウイルス」が世界中で猛威をふるう中、2年目の悲しいゴールデンウィークを迎えました。

外出や旅行も行きたいのですが、旦那の職場が感染防止対策を徹底しているため、我が家は、今年もお出かけを断念。我が家のように、お出かけできずにいるご家庭も多いのではないでしょうか?

ならば、おうちにいる時間をできるだけ楽しく過ごそう!

ということで、以前購入したゲームを久しぶりに家族で遊んだところ、思いのほか、大人の方が熱中してしまったんです!

お出かけできない皆さんも、ぜひこの記事を読んで、おうち時間を満喫しちゃいましょう!!

今回は、特に面白い3つをランキング形式で紹介しようと思います。

それでは、早速紹介していきますね!

まずは、第3位の発表です!!

ランキング 第3位 

第3位は、「おばけキャッチ」です!!

商品概要

おばけキャッチの商品概要
  • 購入価格    1,801円(税込)
  • 購入場所    LOFT
  • 対象年齢    8歳以上
  • 遊べる人数   2〜8人で遊べる
  • プレイ時間   1回20〜30分
  • セット内容   コマ5種類、写真カード60枚、説明書

箱の中身はこんな感じです⬇️

それでは、実際に遊び方を説明していきますね!

ルールが少しわかりづらいかも知れませんが、なるべくわかりやすいように、写真付きで解説していきますので、ぜひ最後まで見ていってください☆

おばけキャッチの遊び方

おばけキャッチの遊び方
準備

5個のコマをテーブルの中央に丸く並べます。

写真カードはよく混ぜて、裏向きの山にして置きます。

ゲーム開始!

プレーヤーは、対応するコマを素早くつかむことを目指します

カードは、大きく分けて2種類に分かれていて、対応するカードもそれぞれ異なります。

スタートする人を決めたら、順番に山の一番上のカードを素早く表にします。このとき、全員に同時にそのカードが見えるようにしてください。

「正しい色で写っているものがある場合」

カードに写っているもののどれか一つが実際のコマの色と同じ色だったら、そのコマをつかみます。

上の写真の場合は、めくったカードに写っている緑のビンが実際のコマと同じ色なので、緑のビンを誰よりも早くつかみます。

「正しい色で写っているものがない場合」

もし、正しい色で写っているものがない場合は、色も種類も写っていないものをつかみます。

上の写真の場合は、カードに写っている「緑のオバケ」も「青いイス」も実際のコマとは色が違うので、緑でもなく、青でもなく、オバケでもなく、イスでもない、「ネズミ」をとります。

わかりますか?少し難しいですよね。

ゲームの進め方

対応するコマを一番早くつかんだプレーヤーは、そのカードを受け取り、自分の前に置きます。

そして、次のカードを素早くカードをめくりゲームを続けます。

※どのカードも、対応するコマは必ず1種類だけです。

間違ったコマをつかんでしまったプレーヤーは、それまでに獲得しているカードから1枚を失います。

自分の前に置いてあるカードの中から1枚を、その時に正しいコマをつかんだプレーヤーに渡します。

価値の決め方とゲーム終了

山のカードが全て使われたら、ゲーム終了です

自分の前に最も多くのカードを置いているプレーヤーが勝ちです。

もう一つの遊び方(おまけ)

基本的に、先程のゲームと同じですが、以下の2点が違います。

・カードに何色であっても本が写っている場合は、対応する種類の名前を言います。つかんではいけません。

・カードに本が写っていない場合には、対応する種類のコマをつかみます。

※注意事項

・プレーヤーは、カードごとに1回しかトライできません。

以下の場合には、それまでに獲得したカードを1枚失います

 1.つかむべきものを言った

 2.言うべきものをつかんだ

 3.間違ったものをつかむか言った

 4.言いながらつかんだ

間違えたプレーヤーは、自分の前のカードから1枚を、正しいコマをつかんだ(または言った)プレーヤーに渡します。

感想

おばけキャッチで遊んでみた感想
  • おうち時間にぴったり!8人まで遊べるので家族や友達みんなでプレイできる
  • 価格も安くはないけど、家族や友達と長期間遊べそう
  • 単純だけど、頭を使うので、大人も子供も一緒に楽しめる。
  • 間違えたり、取れなかった時の悔しさがハンパじゃない!
  • 対象年齢が8歳以上なので、小さい子に少し難しいかも。
  • ウチの3番目の子は6歳なので、お姉ちゃんたちにハンデ(5秒wait)与えてます。

まとめ

今日は、第3位「おばけキャッチ」をご紹介しました!

最近は、子どもの方がこういうものに対してのアンテナが高くて・・・買い物に行った際に、

「これ!動画で見たー!欲しい!!」って・・・

あ、また知らんところでYouTube見てましたね😥と、思いながらも、買ってあげちゃうんですよね💦⬅︎激アマ😅

感想にも書きましたが、意外と頭を使うので大人も熱中すること間違いなしですよぉ⭐️

Maki
Maki

今日は、ここまで😅

次回は第2位の発表です!GW中に遊べるように、なるべく早く更新しますので、ぜひ、また見に来てくださいね✨

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

↓↓第2位は、こちら!↓↓

【おすすめカードゲーム3選】自粛中のGWでも家族みんなでお家で遊ぼ☆〜その2〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA